紅茶の美味しい飲み方は、ティータイムをより深く楽しむためのおいしい飲み方や紅茶についての様々な情報をお伝えしてくサイトです。
≫紅茶のおいしい飲み方紅茶の基本>妊娠中、妊婦は紅茶をのではいけない?

妊娠中、妊婦は紅茶をのではいけない?

妊娠中の方、妊婦さんは紅茶を飲んでも大丈夫なのでしょうか?実は意外と知らない方も多いのですが、紅茶にも「カフェイン」は含まれています。

コーヒーと比較すると量は少ないものの、妊娠中はある程度控えた方がよさそうです。

妊婦とカフェイン

妊娠中は基本的にカフェインはあまり摂取しない方が良いと言われます。
妊婦・妊娠中の食事ガイド」によると妊娠中のカフェイン摂取量は100mg以下にするべきだと書かれています。

これはコーヒーだとカップ1杯程度の量にあたるそうです。紅茶に換算するとカップ3杯程度です。

「なんだ、紅茶なら飲めるじゃん!」と思うかもしれませんが、カフェインは「緑茶」「コーラ」「ココア(チョコレート)」などにも含まれているので、やはり飲むのはある程度控えるべきだと考えましょう。

 

紅茶をやめるストレスとカフェインの悪影響

紅茶が好き。という方にとってティータイムが大切なストレス解消の時間だ!という方も多いかと思います。そういう方にとっては紅茶を飲まないことによるストレスの方が大きいかもしれませんね。

そういう場合は代替飲料でのリラックスタイムを考えてみてはいかがでしょうか?

代表的な方法としては「ハーブティー」などが挙げられるでしょう。
ハーブティーの中には妊娠中に有用な効果を示してくれるものもあります。

また、ハーブティーには様々な芳香成分があり、紅茶と同じようにお茶を入れることで立ち上る香りにはリラックス効果があります。

マタニティ (妊活中・妊娠中・授乳中の方におすすめのハーブティー)
なども参考にしてみてください。安産をサポートするようなハーブもあるようなのでぜひ取り入れてみてください。

しかしながら、ハーブティーをティータイムに取り入れる時には注意も必要です。ハーブの中には妊娠中の方にとってマイナスの作用を示すものも多いのです。
というのも、ハーブというのはそもそも有用性のある植物であり、中には医薬品と同じ成分を含んでいるものも多いのです(医薬品はハーブから作られたものも多い)。

そのため妊娠中は「禁忌(きんき)」とされるハーブも多いのです。詳しくは「妊娠中は要注意、禁忌のハーブティー」を読んでください。こういったこともありますので、妊娠中のティータイムには上で挙げたような妊婦さん専用のハーブティー(ブレンド)を選ぶ方が無難かと思います。

 

スポンサーリンク