紅茶の美味しい飲み方は、ティータイムをより深く楽しむためのおいしい飲み方や紅茶についての様々な情報をお伝えしてくサイトです。
≫紅茶のおいしい飲み方紅茶の基本>おいしい紅茶を飲むために

紅茶のおいしい飲み方、ゴールデンルール

紅茶やコーヒー、緑茶どんな飲みものにも、おいしく飲むためのコツがあります。

おいしい紅茶を飲むための基本的な入れ方に「ゴールデンルール」と言うものがあります。 ゴールデンルールのポイントを覚えて、おいしい紅茶をよりおいしく楽しみましょう。



<おいしい紅茶を飲むためのポイント>

1.お水は軟水がベスト
紅茶を入れるときに使うお水は軟水が適しています。日本で普段飲まれているお水はほとんど軟水ですのでちょうどよいでしょう。

2..くみたてのお水を使用する
お水はくんだばかりのものを使いましょう。新鮮なお水は空気をより多く含んでいるので、紅茶をよりおいしくしてくれますよ。

3.お湯の温度は90℃
紅茶を抽出するお湯は、沸かしたてのものを使いましょう。温度は約90℃ほど。沸騰して泡がぼこぼこした直後の温度がだいたいこのくらいです。冷めていたり、また逆に沸騰しすぎているお湯ではほどよい紅茶の香気が出にくくなります。

4.ティーポットについて
ティーポットはフタがついている陶磁器か銀製のもの、またはガラス製のティーサーバーが良いでしょう。緑茶などを入れる時のきゅうすでもOK。
鉄製のポットは、香りや風味を損ない紅茶の色も黒っぽくなってしまいますので避けましょう。
使用する前にティーポットにお湯を注いで温めておくのがよいでしょう。温度が急激に下がるのが避けられ、十分に紅茶が抽出されます。
★ティーポット 人気ランキングはこちら!

5.ティーカップについて
ティーカップは内側が白いものを選びましょう。紅茶の魅力と言えばなんと言ってもその色と香り。色が付いているカップでは、せっかくの紅茶の色味を十分に楽しむ事ができませんね。また紅茶の香りが広がりやすい、底が浅めのカップが適しています。
ティーポット同様、紅茶を入れる前にティーカップも温めておきます。紅茶の温かさが持続しておいしさが長持ちします。

6.茶葉の量は正確に計量する
大きい茶葉はティースプーン1杯(約3g)でカップ1杯分と考えるとよいでしょう。細かい茶葉はそれより若干少なめにします。

7.しっかりと蒸らす
沸騰したてのお湯(1杯分約160ml)を勢い良く注ぎ、すぐにポットのフタをして蒸らします。紅茶の旨み成分が十分に抽出されるための時間です。蒸らす時間の目安は、大き目の茶葉で4分前後。細かいものでは2分前後がベスト。蒸らしている間、一度ポットの中をスプーンで軽くまぜておきます。

8.紅茶の抽出
抽出時間になったら紅茶を茶こしでこしましょう。味にムラができないように、ティーポットをまわしながら注ぎます。旨みが凝縮し、おいしさの決め手と言われる最後の一滴 「ベスト・ドロップ」まで注ぎましょう。

 

スポンサーリンク